サイトマップ

■仕様一覧
JEITAバッテリ駆動時間・測定条件

■LAVIE Note Standard(NS850、NS750、NS700、NS550、NS350)およびLAVIE Direct NS(H)(S)
JEITAバッテリ動作時間測定法(Ver.2.0)に準拠し、下記条件により測定しています。
駆動時間=(測定法a+測定法b)/2

測定法a <条件>
(1)動画再生ソフトのWindows Media® Playerにて測定用動画ファイルをフルスクリーンのサイズで連続再生する。
(2)「電源オプションのプロパティ」の「ハードディスク」項目の「次の時間が経過後ハードディスクの電源を切る」を「なし」に設定する。
(3)音量を「ミュート」に設定する。
(4)SSV-LED LCDモデルの場合、LCDの輝度を、11段階の下から8段目に設定する。
  SSV-LED LCD(ダイレクト)モデルの場合、LCDの輝度を、11段階の下から9段目に設定する。
  SSV-LED(4K) LCDモデルの場合、LCDの輝度を、11段階の下から7段目に設定する。
  SSV-LED EX2 LCDモデルの場合、LCDの輝度を、11段階の下から5段目に設定する。
(5)デスクトップ画面で30分放置後、測定を開始する。

測定法b <条件>
(1)「電源オプションのプロパティ」の「ハードディスク」項目の「次の時間が経過後ハードディスクの電源を切る」を「1分後」に設定する。
(2)SSV-LED LCDモデルの場合、LCDの輝度を、11段階の下から8段目に設定する。
  SSV-LED LCD(ダイレクト)モデルの場合、LCDの輝度を、11段階の下から9段目に設定する。
  SSV-LED(4K) LCDモデルの場合、LCDの輝度を、11段階の下から7段目に設定する。
  SSV-LED EX2 LCDモデルの場合、LCDの輝度を、11段階の下から5段目に設定する。
(3)デスクトップ画面で30分放置後、測定を開始する。

測定法a、b <共通条件>
(1)ポップアップが表示されていれば「再度表示しない」にチェックボックスをつけて閉じる
(2)マカフィーリブセーフ - インターネットセキュリティをアンインストール
(3)パフォーマンスオプションの視覚効果を「パフォーマンスを優先する」に設定する。
(4)システム構成ユーティリティから、「スタートアップタブ」→以下のタスク以外を無効にする。
  ECOモード設定ツール
  Alps Pointing-device Driver
(5)「スクリーンセーバーの設定」を「スクリーンセーバー(S)」:「(なし)」に設定し、スクリーンセーバーを無効する。
(6)Windows ファイアーウォールを「無効」に設定する。
(7)「ディスクデフラグツール:スケジュールの変更」で「スケジュールに従って実行する」のチェックボックスを外す。
(8)「セキュリティとメンテナンスの設定変更」で「セキュリティメッセージ」と「メンテナンスメッセージ」のチェックボックスを全て外す。
(9)壁紙を白に設定する
(10)デスクトップアイコンとデスクトップガジェットの表示をしない
(11)タスクバーを自動的に隠すに設定する
(12)以下のサービスの「スタートアップの種類」を無効に設定し、再起動する
  Windows Firewall
  Windows update
(13)電源オプションのプランを「ECO」に設定する。「ディスプレイの電源を切る」「コンピューターをスリープ状態にする」全て「適用しない」に設定
(14)電源オプションの詳細設定を、以下の設定にする。
  「復帰後のパスワードを必要にする」:「はい」
  「ハードディスク」
    「次の時間が経過後ハードディスクの電源を切る」:「なし」
  「Internet Explorer」
    「JavaScriptタイマーの間隔」:「最大限の省電力」
  「デスクトップの背景の設定」
    「スライドショー」:「一時停止」
  「ワイヤレスアダプタの設定」
    「省電力モード」:「省電力(高)」
  「スリープ」
    「次の時間が経過後スリープする」:「なし」
    「ハイブリッドスリープを許可する」:「オフ」
    「次の時間が経過後休止状態にする」:「なし」
    「スリープ解除タイマーの許可」:「無効」
  「USB設定」
    「USBのセレクティブサスペンドの設定」:無効
  「Intel® Graphics Settings」
    「Intel® Graphics Power Plan」:Maximum Battery Life
  「電源ボタンとカバー」
    「カバーを閉じたときの操作」:「何もしない」
    「電源ボタンの操作」:「何もしない」
  「PCI Express」
    「リンク状態の電源管理」:「最大限の省電力」
  「プロセッサの電源管理」
    「最小プロセッサの状態」:「5%」
    「システムの冷却ポリシー」:「パッシブ」
    「最大プロセッサの状態」:「50%」
  「ディスプレイ」
    「次の時間が経過後ディスプレイの電源を切る」:「なし」
    「ディスプレイの明るさ」:「0%」
    「ディスプレイ暗転時の明るさ」:「0%」
    「自動輝度調整を有効にする」:「オフ」
  「マルチメディアの設定」
    「メディア共有時」:「コンピューターのスリープを許可する」
    「ビデオの再生時」:「省電力の最適化」
  「バッテリ」
    「バッテリ切れの操作」:「シャットダウン」
    「低残量バッテリのレベル」:「0%」
    「バッテリ切れのレベル」:「5%」
    「低残量バッテリの通知」:「オフ」
    「低残量バッテリの動作」:「何もしない」
    「省電源移行バッテリレベル」:「0%」
(15)WLAN スイッチをONにする。(Fn+F2キーを押して、機内モードをオフにする)アクセスポイントに接続した状態にする。(インターネット接続は行わない)
   ワイヤレスデバイスの設定
    Wi-Fi:「オン」
    Bluetooth:「オフ」
    NFC:「オフ」
(16)Windows Defenderを無効化する
  ・ [システム構成]-[サービス]で「すべて無効(D)」を選択し、[Microsoftのサービスをすべて隠す(H)]にチェックを付ける。
  ・OS再起動を行い10分待つ。
  ・「Winキー]-[設定]-[更新とセキュリティ]-[Windows Defender]から「リアルタイム保護」、「クラウドベースの保護」、「サンプルの送信」の各々の設定を「オフ」へ変更する
(17)[タスクスケジューラ]-[タスクスケジューラ ライブラリ]-[Microsoft]-[Windows]から以下のタスクを無効化する。
  [Windows Defender]のタスクを無効にする。
    Windows Defender Cache Maintenance
    Windows Defender Cleanup
    Windows Defender Scheduled Scan
    Windows Defender Verification
  [Windows Update]のタスクを無効にする。
    Automatic App Update
    Scheduled Start
    sih
    sihboot
  [Customer Experience Improvement Program]のタスクを無効にする。
    Consolidator
    KernelCeipTask
    UsbCeip
  [Application Experience]のタスクを無効にする。
    Microsoft Compatibility Appraiser
    Program Data Updater
    Startup App Task
(18)デバイスマネージャーで以下のデバイスを無効にする。
  ■ユニバーサル シリアル バス コントローラー -「Intel® USB 3.0 extensible Host Controller - 1.0 (Microsoft)」
  ■イメージング デバイス-「Intel® RealSense™ 3D Camera Virtual Driver」 <3D Cameraモデルのみ>
  ■システム デバイス-「High Definition Audio コントローラー」
  ■ネットワークアダプター-「Realtek PCIe GBE Family Contorller」
  ■メモリ テクノロジ デバイス-「Realtek PCIE CardReader」
  ■近接通信デバイス-「NXP-NearFieldProximity Provider」 <NFC搭載モデルのみ>
  ※OSを再起動した場合は各デバイスを有効に戻した後に再度デバイスの無効化を行ってください。
■LAVIE Note Standard(NS150、NS100) および LAVIE Direct NS(e)
JEITAバッテリ動作時間測定法(Ver.2.0)に準拠し、下記条件により測定しています。
駆動時間=(測定法a+測定法b)/2

測定法a <条件>
(1)動画再生ソフトのWindows Media® Playerにて測定用動画ファイルをフルスクリーンにて連続再生する。
(2)「電源オプション」のECOプランの「詳細な電源設定の変更」の「ハードディスク」項目の「次の時間が経過後ハードディスクの電源を切る」を「なし」に設定する。
(3)音量を「ミュート」に設定する。
(4)LCDの輝度を、11段階の下から8段目に設定する。
(5)無線LANアクセスポイント(インターネットへは接続しない)へ接続する。
(6)30分放置後、測定を開始する。

測定法b <条件>
(1)「電源オプション」のECOプランの「詳細な電源設定の変更」の「ハードディスク」項目の「次の時間が経過後ハードディスクの電源を切る」を「3分後」に設定する。
(2)LCDの輝度を、11段階の下から8段目に設定する。
(3)無線LANアクセスポイント(インターネットへは接続しない)へ接続する。
(4)30分放置後、測定を開始する。

測定法a、b <共通条件>
(1)「パフォーマンスオプション」の「視覚効果」タブで、 「パフォーマンスを優先する」 に設定する。
(2)システム構成から、「スタートアップ」タブを選択し、タスクマネージャーから全て無効にする。
(3)システム構成から、「サービス」タブを選択し、サービスから全て無効にする except Microsoftのサービスをすべて隠す(H)。
(4)「スクリーンセーバー」の設定が、「なし」を確認する。
(5)「WindowsUpdate」の「設定の変更」で、「更新プログラムを確認しない」に設定する。 (6)壁紙を白に設定する。
(7)タスクバーの右クリック→「プロパティ」の「タスクバー」タブで「タスクバーを自動的に隠す」に設定する。
(8)デスクトップの右クリック→「表示」の「デスクトップアイコンの表示」のチェックを外す。
(9)「電源オプション」のプランを「ECO」に設定する。
(10)「電源オプション」の「プラン設定の変更」で、ECOプランの「ディスプレイを暗くする」「ディスプレイの電源を切る」「コンピューターをスリープ状態にする」すべてを「適用しない」に設定する。
(11)「電源オプション」のECOプランの「詳細な電源設定の変更」を、以下の設定にする。
「ECO」
   「復帰後のパスワードを必要にする」:「はい」
「ハードディスク」
   (※測定法a,bに従う。)
「Internet Explorer」
   「JavaScriptタイマーの間隔」:「最大限の省電力」
「デスクトップの背景の設定」
   「スライドショー」:「一時停止」
「ワイヤレスアダプタの設定」
   「省電力モード」:「省電力(高)」
「スリープ」
   「次の時間が経過後スリープする」:「なし」
   「ハイブリッドスリープを許可する」:「オフ」
   「次の時間が経過後休止状態にする」:「なし」
   「スリープ解除タイマーの許可」:「無効」
「USB設定」
   「USBのセレクティブサスペンドの設定」:「有効」
「Intel® Graphics Settings
   「Intel® Graphics Power Plan」:「Maximum Battery Life」
「電源ボタンとカバー」
   「カバーを閉じたときの操作」:「何もしない」
   「電源ボタンの操作」:「何もしない」
「PCI Express」
   「リンク状態の電源管理」:「最大限の省電力」
「プロセッサの電源管理」
   「最小のプロセッサの状態」:「5%」
   「システムの冷却ポリシー」:「パッシブ」
   「最大のプロセッサの状態」:「50%」
「ディスプレイ」
   「次の時間が経過後ディスプレイの電源を切る」:「なし」
   「ディスプレイの明るさ」:「0%」
   「ディスプレイ暗転時の明るさ」:「0%」
   「自動輝度調整を有効にする」:「オフ」
「マルチメディアの設定」
   「メディア共有時」:「コンピューターのスリープを許可する」
   「ビデオの再生時」:「省電力の最適化」
「バッテリ」
   「バッテリ切れの動作」:「シャットダウン」
   「低残量バッテリのレベル」:「6%」
   「バッテリ切れのレベル」:「5%」
   「低残量バッテリの通知」:「オフ」
   「低残量バッテリの動作」:「何もしない」
   「省電源移行バッテリレベル」:「0%」
(12)「アクションセンター」の「アクションセンターの設定を変更」で、外せるすべてのチェックを外す。
(13)「アクションセンター」の「トラブルシューティング」「設定の変更」で、「コンピューター保守」を無効に、「他の設定」のチェック外す。
(14)「ハードディスクのプロパティ」の「ツール」の「最適化」の「ドライブの最適化」の「スケジュールされた最適化」の設定変更で、「スケジュールに従って実行する」のチェックを外す。
(15)デバイスマネージャーでデバイスを無効にする
  ネットワークアダプター→ 「Realtek PCIe GBE family controller」
  ネットワークアダプター→ 「Realtek PCIe BE family controller」
(16)キーボードの「Caps lock」LEDを、消灯する。
(17)「コンピュータの管理」の「サービスとアプリケーション」の「サービス」「McAfee Platform Services」を「停止」に設定する。
■LAVIE Hybrid Frista および LAVIE Direct HF
JEITAバッテリ動作時間測定法(Ver.2.0)に準拠し、下記条件により測定しています。
駆動時間=(測定法a+測定法b)/2

測定法a <条件>
(1)動画再生ソフトのWindows Media® Playerにて測定用動画ファイルをフルスクリーンにて連続再生する。
(2)「電源オプション」のECOプランの「詳細な電源設定の変更」の「ハードディスク」項目の「次の時間が経過後ハードディスクの電源を切る」を「なし」に設定する。
(3)音量を「ミュート」に設定する。
(4)SSV-LED LCDモデルの場合、LCDの輝度を、11段階の下から7段目に設定する。
  SSV-LED EX2 LCDモデルの場合、LCDの輝度を、11段階の下から5段目に設定する。
(5)無線LANアクセスポイント(インターネットへは接続しない)へ接続する。
(6)30分放置後、測定を開始する。

測定法b <条件>
(1)「電源オプション」のECOプランの「詳細な電源設定の変更」の「ハードディスク」項目の「次の時間が経過後ハードディスクの電源を切る」を「3分後」に設定する。
(2)SSV-LED LCDモデルの場合、LCDの輝度を、11段階の下から7段目に設定する。
  SSV-LED EX2 LCDモデルの場合、LCDの輝度を、11段階の下から5段目に設定する。
(3)無線LANアクセスポイント(インターネットへは接続しない)へ接続する。
(4)30分放置後、測定を開始する。

測定法a、b <共通条件>
(1)「パフォーマンスオプション」の「視覚効果」タブで、「パフォーマンスを優先する」 に設定する。
(2)「スクリーンセーバー」の設定が、「なし」を確認する。
(3)「WindowsUpdate」の「設定の変更」で、「更新プログラムを確認しない」に設定する。
(4)壁紙を白に設定する。
(5)タスクバーの右クリック→「プロパティ」の「タスクバー」タブで「タスクバーを自動的に隠す」に設定する。
(6)デスクトップの右クリック→「表示」の「デスクトップアイコンの表示」のチェックを外す。
(7)「電源オプション」のプランを「ECO」に設定する。
(8)「電源オプション」の「プラン設定の変更」で、ECOプランの「ディスプレイを暗くする」「ディスプレイの電源を切る」「コンピューターをスリープ状態にする」すべてを「適用しない」に設定する。
(9)「電源オプション」のECOプランの「詳細な電源設定の変更」を、以下の設定にする。
「ECO」
   「復帰後のパスワードを必要にする」:「はい」
「ハードディスク」
   (※測定法a,bに従う。)
「Internet Exploer」
   「JavaScriptタイマーの間隔」:「最大限の省電力」
「デスクトップの背景の設定」
   「スライドショー」:「一時停止」
「ワイヤレスアダプタの設定」
   「省電力モード」:「省電力(高)」
「スリープ」
   「次の時間が経過後スリープする」:「なし」
   「ハイブリッドスリープを許可する」:「オフ」
   「次の時間が経過後休止状態にする」:「なし」
   「スリープ解除タイマーの許可」:「無効」
「USB設定」
   「USBのセレクティブサスペンドの設定」:「有効」
「Intel® Graphics Settings
   「Intel® Graphics Power Plan」:「Maximum Battery Life」
「電源ボタンとカバー」
   「カバーを閉じたときの操作」:「何もしない」
   「電源ボタンの操作」:「何もしない」
「PCI Express」
   「リンク状態の電源管理」:「最大限の省電力」
「プロセッサの電源管理」
   「最小のプロセッサの状態」:「5%」
   「システムの冷却ポリシー」:「パッシブ」
   「最大のプロセッサの状態」:「50%」
「ディスプレイ」
   「次の時間が経過後ディスプレイの電源を切る」:「なし」
   「ディスプレイの明るさ」:「0%」
   「ディスプレイ暗転時の明るさ」:「0%」
   「自動輝度調整を有効にする」:「オフ」
「マルチメディアの設定」
   「メディア共有時」:「コンピューターのスリープを許可する」
   「ビデオの再生時」:「省電力の最適化」
「バッテリ」
   「バッテリ切れの動作」:「シャットダウン」
   「低残量バッテリのレベル」:「6%」
   「バッテリ切れのレベル」:「5%」
   「低残量バッテリの通知」:「オフ」
   「低残量バッテリの動作」:「何もしない」
   「省電源移行バッテリレベル」:「0%」
(10)「コンピュータの管理」の「サービスとアプリケーション」の「サービス」「McAfee Platform Services」「LAVIE easy setting service」を「停止」に設定して、
(11)「アクションセンター」の「セキュリティとメンテナンスの設定を変更」で、外せるすべてのチェックを外す。
(12)「アクションセンター」の「セキュリティとメンテナンスの設定を変更」で、「コンピューター保守」を無効に、「他の設定」のチェック外す。
(13)「ハードディスクのプロパティ」の「ツール」の「最適化」の「ドライブの最適化」の「スケジュールされた最適化」の設定変更で、「スケジュールに従って実行する」のチェックを外す。
(14)デバイスマネージャーでデバイスを無効にする
  ネットワークアダプター→ 「Realtek PCIe GBE family controller」
  ネットワークアダプター→ 「Realtek PCIe BE family controller」
(15)システム構成から、「スタートアップ」タブを選択し、タスクマネージャーから全て無効にする。
(16)システム構成から、「サービス」タブを選択し、サービスから全て無効にする except Microsoftのサービスをすべて隠す(H)。
(17) Win+I−>更新とセキュリティー> Windows Defender->リアルタイム保護、クラウドベースの保護、サンプルの送信の設定をオフにします
■LAVIE Hybrid ZERO および LAVIE Direct HZ
JEITAバッテリ動作時間測定法(Ver.2.0)に準拠し、下記条件により測定しています。
駆動時間=(測定法a+測定法b)/2

測定法a <条件>
(1)動画再生ソフトの「ビデオ」にて、JEITA2.0測定用動画を全画面で再生する。
(2)音量を「ミュート」に設定する。
(3)リピートを「オン」に設定する。
(4)30分放置後、測定を開始する。

測定法b <条件>
(1)「コントロールパネル」から、「デスクトップの背景の変更」を選択し、「黒」に設定する。
(2)30分放置後、測定を開始する。

測定法a、b <共通条件>
(1)起動時の「NEC」ロゴ画面で「F2」キーを押下しBIOSメニューを起動する。BIOSメニュー起動後、「Advanced」→「Intel Feature Configuration」→「DPST Only」を『PSR/DPST』に変更。「F10」キーを押下後、「Yes」を選択し再起動する。
(2)起動時の「NEC」ロゴ画面で「F2」キーを押下しBIOSメニューを起動する。タッチパネルモデルは全てセンサーを搭載している為、タッチパネルモデルは「Advanced」→「Device Configuration」→「Sensor Devices」を『Disabled』に変更。「F10」キーを押下後、「Yes」を選択し再起動する。
(3)バッテリーモードのLCD輝度を、F7/F8キーを用いて11段階中下から7段目に設定する。
(4)「コントロールパネル」→「システムとセキュリティ」→「Windows Update」→「設定の変更」→重要な更新プログラムのプルダウンメニューから『更新プログラムを確認しない(推奨されません)』に設定→『推奨される更新プログラム』と『Microsoft Update』のチェックを外す→「OK」
(5)エクスプローラーのCドライブを右クリックしプロパティを開く→ツールタブから『最適化(O)』を選択→「設定の変更(S)」を選択→『スケジュールに従って実行する(推奨)(R)』のチェックを外す→「OK」
(6)「コントロールパネル」→「ハードウェアとサウンド」→「電源オプション」→「LaVie」プランの「プラン設定の変更」→「ディスプレイの電源を切る」「コンピューターをスリープ状態にする」をすべて『適用しない』に設定→『変更の保存』
(7)「コントロールパネル」→「ハードウェアとサウンド」→「電源オプション」→「LaVie」プランの「プラン設定の変更」→「詳細な電源設定の変更(C)」→設定を以下のように変更する。
 「バッテリ」
   「バッテリ切れの操作」
     バッテリー駆動:「シャットダウン」
     電源に接続:「シャットダウン」

   「バッテリ低下のレベル」
     バッテリー駆動:「0%」
     電源に接続:「0%」

   「バッテリ切れのレベル」
     バッテリー駆動:「5%」
     電源に接続:「5%」

   「バッテリ低下の通知」
     バッテリー駆動:「オフ」
     電源に接続:「オフ」

   「バッテリ低下の操作」
     バッテリー駆動:「何もしない」
     電源に接続:「何もしない」

   「省電源移行バッテリレベル」
     バッテリー駆動:「0%」
     電源に接続:「0%」

 「適用」→「OK」
(8)Fn+F2キーを押下し、機内モードをオフにする。
 アクセスポイントに接続した状態にする(インターネット接続は行わない)。
■LAVIE Hybrid Standard
JEITAバッテリ動作時間測定法(Ver.2.0)に準拠し、下記条件により測定しています。
駆動時間=(測定法a+測定法b)/2

測定法a <条件>

(1)動画測定用動画ファイル(1920×1080ピクセル)を内蔵記憶装置に格納し、再生ソフト:Windows MediaR Playerにてフルスクリーンで連続再生する。
(2)音量を「ミュート」に設定する。
(3)LCDの輝度設定を、「57%」に設定する。
(4)無線LANをONにしアクセスポイントに接続する
(5)30分放置後、測定を開始する。

測定法b <条件>

(1)デスクトップ画面の表示を行った状態で放置する。
(2)音量を「ミュート」に設定する。
(3)LCDの輝度設定を、「57%」に設定する。
(4)無線LANをONにしアクセスポイントに接続する
(5)30分放置後、測定を開始する。

測定法a、b <共通条件>

(1)ユーザアカウント制御の「ユーザアカウント制御設定の変更」を「通知しない」に設定する
(2)通知領域アイコンの「タスクバーに常にすべてのアイコンと通知を表示する:オン」に設定する
(3)個人設定の「スクリーンセーバー:オフ」に設定する
(4)デスクトップの背景を白一色の画像に設定する
(5)システムの詳細設定の構成「システムの保護を無効」に設定する
(6)「スピーカーの音量:0」に設定する
(7)アクションセンターの「アクションセンターの設定を変更」のすべてのメッセージのチェックボックスを外す
(8)インデックスのオプションの「変更」の「選択された場所の変更:すべてのチェックボックスを外す」
(9)Windows Updateの「設定の変更」の更新プログラムを確認しない
(10)Explorerの(C:)ドライブの「管理」の「最適化」の「設定の変更」の「スケジュールに従って実行する」のチェックを外す
(11)電源プランの「プラン設定の変更」にて、「コンピューターをスリープ状態にする」を「適用しない」に変更
(12)電源オプションの詳細設定を、以下の設定にする。

「ディスプレイ」
「次の時間が経過後ディスプレイの電源を切る」:「なし」
「自動輝度調整を有効にする」:「オフ」
「バッテリ」
「バッテリ切れの動作」:「シャットダウン」
「低残量バッテリのレベル」:「0%」
「バッテリ切れのレベル」:「4%」
「低残量バッテリの通知」:「オフ」
「低残量バッテリの動作」:「何もしない」
「省電源移行バッテリレベル」:「0%」

(13)「システム構成」・「サービス」にて、「Microsoftのサービスをすべて隠す」にチェックを入れ「すべて無効」を選択する。
(14)「システム構成」・「スタートアップ」にて、「すべて無効」を選択する。

(15)Bioeメニューで以下を設定
USB Port → Disable
Internal Camera → Disable
このページの上に戻る