PC・パソコン | NEC LAVIE公式サイト ノートパソコン・デスクトップパソコン | NEC Direct
CLOSE MENU
イメージ
イメージ
イメージ
  • 個人のお客様向けPC
  • 法人個人事業主の
    お客様向けPC
  • 周辺機器
    アクセサリ 
    AVデジタル家電
  • 延長保証
    サポートサービス
go top

ショッピング > Mate J タイプME<ME-U>


ショッピング > デスクトップ(Mate J) > Mate J タイプME<ME-U>

タイプME

  • MJ37L/E-T、MJ37V/E-T、MJ28E/E-T、MJ28X/E-Tを除く。
  • ※ エコマークの認定企業は、PC本体はNECパーソナルコンピュータ株式会社です。液晶ディスプレイはNECディスプレイソリューションズ株式会社です。認定番号は次の通りです。PC本体:第06119002号 LCD:第09119001号。

特長

ビジネスに適した Windows 10 Pro。

プリインストールOSにWindows 10 Proをご用意。
その他の対応可能OSについてはスペック詳細をご覧ください。

第6世代インテル® Core™ i7 vPro™ プロセッサーを選択可能

4つのコアで高速処理を可能にする第6世代インテル® Core™ i7 プロセッサー、第6世代インテル® Core™ i5 プロセッサーなど全機種でマルチコアプロセッサーを採用。セキュリティ機能や保守・管理機能を強化するインテル® vPro™ テクノロジー*にも対応し、さらなるパフォーマンス向上と低消費電力に貢献します。

【インテル® Core™ i7 vPro™ プロセッサー】

MJ34H/E-U、MJ34T/E-U

【インテル® Core™ i5 vPro™ プロセッサー】

MJ32M/E-U、MJ32U/E-U

高性能グラフィックアクセラレータボードを選択可能

【ロゴマーク】NVIDIA®

グラフィック性能が向上するグラフィックアクセラレータボード「NVIDIA® Quadro® K420」を選択可能。

4画面マルチディスプレイに対応可能

DisplayPort×2とアナログRGBコネクタを装備し、最大3画面の同時接続が可能。さらに、NVIDIA® Quadro® K420を選択した場合には、4画面マルチディスプレイも可能です。

【画像】マルチディスプレイイメージ

マルチディスプレイをご利用いただくには、PC本体のディスプレイ端子に対応したディスプレイをご用意いただく必要があります。

Quadro® K420なしの場合のディスプレイ端子の構成

  • アナログRGB×1
  • DisplayPort×2(添付のDisplayPort-DVI変換アダプタで片方をDVI-Dに変換可能)

Quadro® K420搭載時のディスプレイ端子の構成

  • 【Quadro® K420装備の端子】
    • DVI-D×1
    • DisplayPort×1(添付のDisplayPort-DVI変換アダプタでDVI-Dに変換可能)
  •  +

  • 【タイプME本体の端子】
    • アナログRGB×1*
    • DisplayPort×2*
  • *:このうち2端子まで接続可能
  • Mateとディスプレイとの動作検証についてはディスプレイメーカまでお問い合わせください。
  • デュアルディスプレイ用の液晶ディスプレイの購入も可能です。詳しくは、グラフィックをご覧ください。

業務継続性を高める「ミラーリング(RAID 1)」に対応

HDDを2台搭載してリアルタイムにシステム/データのバックアップが行える「ミラーリング(RAID 1)」をセレクションメニューより選択可能。万一1台のHDDが故障しても、もう一方のディスクでデータの読み書きを継続できるため、HDD故障によるパソコンのダウンタイムを抑えることができます。

【画像】ミラーリング(RAID 1)イメージ

筐体アクセントカラーを選択可能

フリーセレクションメニューにて本体のアクセントカラーを選択可能。用途や仕様別に色分けすると管理が容易になります。

【画像】筐体アクセントカラー

  • 実際の色とは異なる場合があります。

スリムな筐体にSSD+HDDや増設HDDの選択も可能

幅88mmのスリム筐体に8つのUSB 3.0ポートを装備。SSD+HDDの組み合わせやRAID 1も可能な増設HDD、グラフィックス強化、スピーカの搭載にも対応するなど充実した拡張性を提供し、用途に合わせた柔軟な構成が可能です。
また、パラレルポート、PCIスロットをセレクションメニューに用意し、既存機器との接続や業務データの継承を支援します。

【画像】各部の名称

高効率80PLUS® プラチナ電源を採用

負荷率50%時、変換効率92%以上の80 PLUS® プラチナ電源を採用。AC/DC変換時の電力ロスを抑え、省電力化に貢献します。

前面マイク端子&ヘッドフォン端子

マイク端子・ヘッドフォン端子を前面に配置しているため、手軽にマイク・ヘッドフォンを利用できます。

【写真】前面マイク端子&ヘッドフォン端子

デジタル液晶ディスプレイ接続用のDisplayPort装備とDisplayPort→DVI-D変換アダプタ添付

デジタル液晶ディスプレイと接続できるよう、DisplayPortを標準装備。DisplayPort→DVI-Dへの変換アダプタも標準で1本添付しています。さらに、セレクションメニューより追加用アダプタの選択も可能です。



このページのトップへ