大

中

小

文字サイズを変える

ページが表示されない場合について

NEC Directをご覧いただく際に、「ページが表示されない」あるいは、「マイページが利用できない/表示されない」といったことについて、これまでに判明している原因および対処方法について事例を含めてご紹介いたします。
ブラウザ関連編

お使いのブラウザは何ですか?

NEC Directは、Microsoft® Internet Explorer9、 Microsoft® Internet Explorer10、 Microsoft® Internet Explorer11(Macintosh版を除きます)を推奨します。
このページのトップへ

Cookie(クッキー)がONになっていますか?

NEC Directでは、Cookie(クッキー)を使っています。お手数ですが、Cookie(クッキー)を有効に設定してご覧ください。操作手順は、こちらをご覧ください。

[ 対応手順 ]
ブラウザを立ち上げる→「ツール」*の中の「インターネットオプション」をクリック→「プライバシー」タブをクリック→「設定」の枠内のスライダで「中」以下に設定、または「既定」をクリック→「OK」をクリック。
*:Microsoft® Internet Explorer 9.xの場合、「ツール」アイコンをクリックするか、Alt+Xを押してください
このページのトップへ

JavaScriptがONになっていますか?

NEC Directでは、JavaScript(Microsoft® Internet Explorerでは、アクティブスクリプトと呼ばれています)を使っているページがありますので、JavaScriptはONにしてください。

[ 対応方法 ]
「ツール」*→「インターネットオプション」→「セキュリティ」を既定のレベルに戻してください。または、「レベルのカスタマイズ」で「スクリプト」の「アクティブスクリプト」を「有効にする」に設定してください。
*:Microsoft® Internet Explorer 9.xの場合、「ツール」アイコンをクリックするか、Alt+Xを押してください
このページのトップへ

TLSがONになっていますか?

NEC Directでは、ショッピング機能・マイページ機能でお客様の個人情報を保護するためにTLSを使っています。TLSを有効にしてください。
(TLSは、TLS1.0を使うようにする必要があります)

現在お使いのブラウザが「TLSを使用しない」設定になっていてもご利用いただける場合があります。この場合、TLS暗号化方式での通信は行われません。あらかじめ、ご承知の上、ご利用ください。

[ 対応方法 ]
Internet Explorer9をご利用の場合
1. Internet Explorer の[ツール]*メニューの[インターネットオプション]をクリックします。

2.[インターネットオプション]ダイアログ ボックスの[詳細設定]タブをクリックします。

3.[セキュリティ]カテゴリで、各項目のチェックボックスを次の設定にします。
[SSL3.0 を使用する]:外す
[TLS1.0 を使用する]:入れる
(設定項目がある場合は)
[TLS1.1 を使用する]:入れる
[TLS1.2 を使用する]:入れる

4.[適用]をクリックします。

5. Internet Explorer を再起動します。

*:Microsoft® Internet Explorer 9.xの場合、「ツール」アイコンをクリックするか、Alt+Xを押してください
このページのトップへ

文字コードの設定が「日本語(自動設定)」になっていますか?

たとえば、Microsoft® Internet Explorerの文字コードのデフォルトでは、「自動設定」となっており、日本語のページで文字コードの判別に失敗し判別できない文字列が表示される (通称、文字化け)が発生する場合があります。

NEC Directでは、EUCコード、またはシフトJISコードを使っていますので、「表示」→「エンコード」を変更すると文字コードの判別が成功し正しく表示される場合があります。 文字コードの判定を誤っていると、ページ全体が表示されない場合もあります。

[ 対応方法 ]
「表示」*→「エンコード」で、「自動設定」のチェックをはずし、「日本語(自動設定)」にしてください。
*:Microsoft® Internet Explorer 9の場合、Altキーを押してメニューを表示します
このページのトップへ

ブラウザにキャッシュされた古いページ(情報)が残っていませんか?

ブラウザのローカルキャッシュ(パソコンのディスク内に保存される)や、プロキシサーバのキャッシュにより、設定変更前 /更新前の情報が表示されることがあります。 「再読み込み」ボタンをクリックしても、キャッシュ情報が表示されてしまう場合があります。

対応策としては、スーパーリロードの実行と、ブラウザのキャッシュクリアがあります。 スーパーリロード機能とは、ブラウザのローカルキャッシュを無視してリロード(再読み込み)する機能です。 プロキシサーバのキャッシュに保存されてしまった情報のクリアは管理者に依頼する必要がある場合があります。

[ 対応方法 1 : スーパーリロードの実行方法 ]
コントロール・キーを押しながら更新ボタンをクリックしてください。
[ 対応方法 2 : ブラウザのキャッシュのクリア方法 ]
「ツール」→「インターネットオプション」の、[全般]→「削除」で[インターネット一時ファイルを削除]を実行してください。
このページのトップへ

ブラウザの設定がおかしくなっていませんか?

ブラウザの設定がなんらかの原因で、おかしくなってしまっている可能性があります。 これらの原因は、ブラウザ再インストールや、バージョンアップ、設定ファイルの削除などで解決できることがあります。 ただし、すべての設定が初期化されてしまう場合もあるなど実行にはリスクが伴います。
ブラウザ再インストールや、バージョンアップ、設定ファイルの削除などを実施する場合は、お客様ご自身の責任で行ってください。

[ 対応方法: ブラウザの設定をリセット ]
「インターネットオプション」→「詳細設定」で、[リセット]を行ってください。 Internet Explorerの設定を既定の状態にリセットした後、上記の設定内容を再確認してください。
[ 最新のブラウザ ](2014年11月19日現在)
最新バージョン にバージョンアップする。
http://www.microsoft.com/japan/ie/

この方法は、弊社が独自にMicrosoft社から得た情報をもとに、検証の上、作成していますが、実施する場合は、お客様ご自身の責任で行ってください。また、この方法を実施しますと、すべてのCookie(クッキー)情報が削除されます。
このページのトップへ
プロキシサーバ/ファイアウォール関連編

"121ware.com"のように数字で始まるドメイン名に対応していますか?

ご利用のプロキシサーバ/ファイアウォールの種類/バージョンにより、数字で始まるドメイン名に対してアクセスできない場合があります。ショッピングやマイページなどのTLSを使うページだけがアクセスできないといった場合もありますのでプロキシサーバ/ファイアウォールの管理者の方またはインターネットプロバイダにご確認ください。

なお、直接ご利用のプロキシ以外でも、121ware.comのサーバまでの到達経路に、該当するプロキシサーバ/ファイアウォールが存在する場合(たとえば、多段プロシキの場合)にも、同様の問題が発生する場合があります。

[ 対応方法 ]
プロキシサーバ/ファイアウォールを数字で始まるドメイン名に対応した修正バージョンにバージョンアップしてください。
このページのトップへ

TLSに対応していますか?

プロキシサーバやファイアウォールがTLSに対応していないか、TLSの設定が無効になっていると、ショッピングやマイページなどのTLSを使うページにアクセスできません。

[ 対応方法 ]
プロキシサーバ/ファイアウォールをTLS対応バージョンに変更するか、TLSを有効に設定してください。

  • ここに記載されている事項は、弊社における調査結果によるものです。
  • 掲載の弊社製以外のソフトウェア/ハードウェア製品については、弊社では お問合せ対応およびサポートは行っておりません。 問題を解決するために製品の無償あるいは有償のアップグレードが必要な場合が含まれておりますが、これら商品に関するお問合せ/サポートにつきましては、掲載の各社にお願いいたします。
  • ここに記載されている事項がすべての問題が解決することを保証するものではありません。
  • 上記の紹介した事例のいずれにも該当せず、NEC Directのすべて、あるいは、一部が表示されないなどの問題がある場合には、webmaster@necdirect.jpまでご連絡をお願いいたします。
    なお、その際、お手数ですが、お使いのパソコンの機種・OS・ブラウザ・ブラウザのバージョン、プロキシの利用有無、接続プロバイダ、接続環境(ISDN/モデム、LANなど)についてもあわせてお知らせください。
このページのトップへ


go top