NEC LAVIE公式サイト NEC Direct
CLOSE MENU
イメージ
イメージ
イメージ
  • 個人のお客様
  • 法人個人
    事業主のお客様
  • 周辺機器
    アクセサリ 
    AVデジタル家電
  • 延長保証
    サポートサービス
go top

ショッピング > VersaPro J タイプVD


ショッピング > ノート(VersaPro J) > VersaPro J タイプVD

タイプVD

  • ※ 無線LAN選択時にインテル® vPro™ テクノロジー対応となります。
  • ※ エコマークの認定企業は、NECパーソナルコンピュータ株式会社です。本体:第06119005号

特長

Windows 10 Pro モデルを提供

Windows® 7のスタートメニューとWindows 8のスタート画面が一つにまとまり、より直感的に、より使いやすいインターフェイスへと進化したWindows 10 モデルをご用意。強化されたデスクトップ、新しいブラウザ、起動速度の向上など、さらに便利になりました。

Windows® 7 Professional モデルをご用意

Windows® 7 Professional(Windows 10 Pro ライセンスからのダウングレード)の選択も可能です。

Office Home & Business 2016、およびOffice Home & Business Premiumを選択可能

作業効率の向上をサポートする操作アシストやドキュメントの共同編集など新たな機能が追加されたMicrosoft Office Home & Business 2016を選択可能です。

  • 選択したインストールOSにより選べない組み合わせがあります。詳しくはソフトウェア表をご覧ください。

【ロゴマーク】Office

第6世代インテル® Core™ i7 vPro™ プロセッサーを選択可能

高度なパフォーマンスと省電力性能を両立した第6世代インテル® Core™ i7 プロセッサーまたは、インテル® Core™ i5 プロセッサーを選択可能。さらにセキュリティ機能や保守・管理機能を強化するインテル® vPro™ テクノロジーにも対応*し、さらなるパフォーマンス向上と低消費電力に貢献します。

VJ26H/D-T*

VJ24M/D-T*

インテル® ターボ・ブースト・テクノロジーを搭載

インテル® Core™ i7/Core™ i5 プロセッサーのパフォーマンス動的制御を行うのがインテル® ターボ・ブースト・テクノロジーです。
たとえば、処理負荷があまり高くない時には、一方のコアの電源をOFFにして、代わりにもう一方のコアの動作周波数を定格よりもアップさせて処理を行うなど、状況に応じた動作でパフォーマンスと消費電力の調整を図り、省エネ運用に貢献します。

  • コアの動作/休止の判断は、プロセッサーが動的に判断します。

電源ONからの高速起動

Windows 10/Windows 8.1では、従来のOSと比較して起動時間を短縮させる「高速スタートアップ機能」を標準採用しています。高速スタートアップ機能は、PCをシャットダウン後すばやく起動するための機能です。Windows 10/Windows 8.1では、シャットダウン時にメモリ上からシステム情報をファイルに保存することで、より素早い復帰を可能にします。

大容量バッテリを搭載可能

ピーク電力時間帯を乗り切る最大約8.9時間*駆動の大容量バッテリをご用意。

  • *:Windows 10の場合。バッテリ駆動時間は、JEITAバッテリ動作時間測定法(Ver.2.0)に基づいて測定しためやす時間です。

暗号化機能付SSD/HDD

OSなどを含めたSSD/HDD全体を、暗号化/復号化できる機能を備えた「暗号化機能付SSD/HDD」を選択可能。書き込み時の暗号化や読み出し時の復号化は自動で実施されるため、業務に負担をかけることなくデータセキュリティの強化を行えます。また、ディスクへのアクセスはパスワードで管理できるため、第三者による不正なPC利用や盗難などによる情報漏えい防止に役立ちます。

  • 必ずハードディスクパスワード機能を併用してください。暗号化機能付SSD/HDDだけではデータ漏えいを防ぐ事ができません。ハードディスクパスワード機能を併せて設定する事で、他のパソコンへ接続した際にもパスワードの入力が必要となり、ディスクを取り出して直接データ解析されるなどの危険性を低減させます。

ビジネスを考慮したインターフェイス

5つのUSB 3.0ポートをはじめ、既存資産の移行を支援するシリアルポートや鮮やかな映像出力を可能にするHDMIポートなどのインターフェイスを装備。さらに、データ移行を支援するSDメモリーカードスロットも標準搭載です。

離席判定も可能なWebカメラ

ディスプレイ上部にWebカメラを選択可能。Web会議などのビジネスのコミュニケーションに役立つ便利な機能を利用できます。さらに、Webカメラで利用者の離席を感知し、自動でディスプレイの消灯やスリープモードへ移行するといった離席判定機能も利用可能*。無理なく電力の浪費を抑え、オフィスの省エネを支援します。

  • *:添付の専用アプリケーション(CyberLink YouCam 5 BE)を利用した場合。

【画像】NeoFace Monitor

さらにライセンス標準添付のソフトウェア「NeoFace Monitorスタートアップ版」の利用により、Webカメラを利用しての顔認証ログオンが可能。セキュリティアップに貢献します。

  • Windows 10 Homeではご利用いただけません。

フルHD液晶ディスプレイを選択可能

高解像度1,920×1,080ドットのフルHD液晶を選択可能。1,366×768ドットHD液晶の約1.97倍の高い解像度で、より多くの情報を表示して作業ができます。また、Windows® 7モデルでは、プリインストールの「画面出力先切替ツール」により、プロジェクタ接続時などのセッティングをスピーディに行うことができます。さらにフルHD液晶はIPS方式にも対応しており広視野角。スムーズな作業環境を提供します。

4列テンキー付きアイソレーションキーボードを選択可能

キーボードは、87キー配列のアイソレーションキーボード(タイプA)テンキーなしに加え、数値入力の多い業務に適した4列テンキー付きアイソレーションキーボードを選択可能。独立テンキー搭載と19mmのキーピッチにより、デスクトップPCに近い感覚で入力作業が行えます。

【画像】テンキーイメージ

マルチタッチ対応NXパッド

標準搭載のスクロール機能付きNXパッドは、目的のウィンドウを選択した後、2本指でパッド上にてつまんだり開いたりすることでズームが行えたり、触れたままスライドさせることで水平、垂直方向にスクロールできるなど、便利なジェスチャー機能に対応。外出先で素早く使いたいモバイル用途に適しています。

【画像】マルチタッチ対応NXパッドイメージ

無線LAN対応

従来の無線LAN規格であるIEEE802.11a/b/g/nに比べ、より高速な通信が可能なIEEE802.11acを搭載可能です。

【ロゴマーク】Wi-Fi

【画像】DisplayNote NEC Edition スタートアップ版

また無線LANを利用した会議システムをライセンス標準添付。画面共有や資料への同時書き込みなどのミニ会議が5クライアントまで可能です。詳細は「DisplayNote NEC Edition スタートアップ版」をご覧ください。

  • Windows 10 Homeではご利用いただけません。

さらに、別売のワイヤレスプレゼンツールMultiPresenter® Stickを使えば、デバイスの画面をワイヤレスで映像機器に表示。各自の画面を切り替え表示可能なワイヤレスプレゼンがスムーズに行えます。

防滴構造を採用

キーボード底面の防水シートにより、水滴がPC内部に入り込むことを遅らせ、排水用の穴から本体の裏に水滴を排出。安全にシステムをシャットダウンする時間を確保できます。

【画像】防滴キーボードイメージ

  • モデルやキーボードセレクションにより防滴構造は異なります。PC内部への防水を保証するものではありません。水などがこぼれた場合、点検と修理(有償)が必要となります。

落下によるデータ損傷を低減するハードディスク・アクティブプロテクション・システム

ハードディスク・アクティブプロテクション・システムの働きで机からの落下などを検知した時に、衝撃がHDDにかかる前にHDDのヘッドを安全な場所に退避することによって、記録面の損傷を防ぎ、大切なデータを保護します。

【画像】ハードディスク・アクティブプロテクション・システム

手首への負担が少ない筐体設計

入力時の手首への負担を軽減するため、パームレストとキーボードの高さを合わせたフラットな構造を採用しています。

【画像】パームレストとキーボードのフラットイメージ

心地よいキーピッチと打鍵感

キーボード部は、誤入力を抑える広めのキーピッチと心地よい打鍵感のあるキーストロークを両立しています。

【画像】キーストロークイメージ

  • *:モデルやキーボードセレクションにより、キーピッチとキーストロークは異なります

HDD部のクッション構造

HDD部の周辺にクッション材を配置し、机に置いた際などの衝撃を緩和します。

【画像】HDD部のクッション構造イメージ

  • 写真はタイプVD<VD-T>の場合


このページのトップへ