PC・パソコン | NEC LAVIE公式サイト ノートパソコン・デスクトップパソコン | NEC Direct
CLOSE MENU
イメージ
イメージ
イメージ
  • 個人のお客様向けPC
  • 法人個人事業主の
    お客様向けPC
  • 周辺機器
    アクセサリ 
    AVデジタル家電
  • 延長保証
    サポートサービス
go top

ショッピング > VersaPro J タイプVS


ショッピング > ノート(VersaPro J) > VersaPro J タイプVS

タイプVS

  • ※ パラレルポート、シリアルポートは内蔵しておりませんのでご注意ください。
  • ※ エコマークの認定企業は、NECパーソナルコンピュータ株式会社です。本体:第06119005号

特長

ビジネスに適した Windows 10 Pro。

プリインストールOSにWindows 10 Proをご用意。
その他の対応可能OSについてはスペック詳細をご覧ください。

マルチタッチとペン操作に対応する大画面11.6型タッチパネルに高精細IGZO液晶を採用

指先操作に加え、標準添付のデジタイザーペンによる手書き入力も可能な10点マルチタッチ対応の大画面11.6型タッチパネルを搭載。どの方向からも見やすい広視野角IPS液晶のため、複数人で1つの画面を囲むディスカッションなども快適です。また、ペン利用時に手の平などが画面に触れても、誤入力されることなくペン先にだけ反応します。

さらに、IGZO液晶の採用とそれにともなう内部回路の小型化などにより、ボディの軽量薄型化、液晶の高精細化、消費電力の低減を同時に実現しています。

【画像】IGZOロゴ

  • IGZOロゴはシャープ株式会社の登録商標です。

インテル® Core™ mシリーズを選択可能

CPUには、高度な処理性能と省電力性を備えたタブレット向けCPU インテル® Core™ mシリーズを選択可能。Office系をはじめ、様々な業務アプリケーションの利用に適しています。

【画像】インテル Core m5 ロゴ 【画像】インテル Core m3 ロゴ

軽量約782g、薄型11mmの筐体*

タブレットPCとして十分な性能を持ちながらとてもコンパクト。鞄に入れての持ち運びにも適しています。営業端末としてはもちろん、小中学校の児童や生徒でも扱いやすいコンパクトさと軽さとなっています。

  • *:タブレットPC本体のみでの質量、寸法です。

「耐150kgfクラス」の頑強設計&76cm落下テストを実施

机の高さからの落下を想定し、76cmの高さからの落下させてSSDのデータに破損がないことを確認する試験を実施(非動作時)*1
また、持ち運び時の鞄内等での圧迫を想定し、150kgfの面加圧試験をクリアしています(非動作時)*2

【画像】耐150kgクラスの頑強設計

  • *1:SSDの無破損・無故障を保障するものではありません。
  • *2:面加圧試験は天面から均等に1470N{150kgf}の圧力をかけて試験を実施。これらの試験は加圧による無破損・無故障を保証するものではありません。

高速データアクセスを可能にするSSD

HDDに比べ低消費電力で、さらに軽量で衝撃に強いSSDを標準搭載しています。

最大約11時間駆動のスタミナバッテリ

標準内蔵のリチウムイオンや各部に施した省電力設計により、最大約11時間のバッテリ駆動が可能。長時間の社外営業やプレゼンテーション時なども、充電を気にせず安心して利用できます。

  • バッテリ交換は別途有償での交換サービスへのお申し込みが必要となります。詳しくはこちらをご覧ください。
  • バッテリ駆動時間は、Windows 10モデル、JEITAバッテリ動作時間測定法(Ver.2.0)に基づいて測定した目安時間です。

mini HDMI端子とUSB3.0ポート×2を装備。さらにドック機能付きキーボードもご用意

プレゼンテーション時などの外部ディスプレイへの出力に便利なmini HDMI端子をとUSB 3.0ポート×2を装備しています。

また、セレクションメニューまたは別売のドック機能付きキーボード(PC-VP-TS34)を利用すれば、簡単に本体を充電しながら作業を開始することが可能です。ドック機能付きキーボ−ドには有線LANポート×1、USBポート×2、HDMIポート×1を装備。さらにキーボード側のLANコネクタでは、Remote Power On(Wake on Lan)機能も利用可能なため、教室での一括電源ONができるなどタブレットPCの活用の幅がさらに広がります。

スムーズな手書き入力をサポート

感圧センサを搭載したデジタイザーペン(デジタイザー搭載モデルに添付)は、自然な書き心地を提供する2,048段階の筆圧感知*1に加えて、リアルタイム変換に対応した添付の手書き入力ソフトを使用すれば、長文入力もスムーズに行えます。また、本体側にはペンのバッテリ残量を通知する「ペンバッテリ残量通知ツール」が標準添付*2されています。
また、ペン利用時に手のひらなどが画面に触れても誤入力されることなく、ペン先だけに反応する「お手付防止機能」に対応します。

  • *1:ソフトウェアが対応している必要があります。
  • *2:標準添付品セット選択時に添付。

【画像】デジタイザーペン使用イメージ

スムーズな角度調整と着脱が可能なドック機能付きキーボード

対面営業やプレゼン時に適したスタンドモードをはじめ、用途に応じて様々なスタイルが可能なドック機能付きキーボードを選択可能。スムーズな角度調節ができ、ノートPC感覚でも使用できます。

【画像】キーボードイメージ

筺体両面にWebカメラを配置

筐体両面に高精細Webカメラ(前面200万画素/背面500万画素)を搭載。Web会議はもちろん、写真付きのリアルタイムな業務報告や記録なども行うことができます。

【画像】前面・背面にWebカメラを装備

  • 写真はタイプVS<VS-U>です。

【画像】NeoFace Monitor

さらにライセンス標準添付のソフトウェア「NeoFace Monitorスタートアップ版」の利用により、Webカメラを利用しての顔認証ログオンが可能。セキュリティアップに貢献します。

  • Windows 10 Homeではご利用いただけません。

液晶パネルに高強度ガラス&AF(Anti-Finger Print)コーティングを採用。

液晶パネルはどの方向からも見やすい広視野角IPS液晶を使用。さらに、圧迫や落下、擦過といった持ち運びの際の様々な衝撃に備え、ソーダライムガラスの数倍の強度を持つ高強度ガラスを採用しています。さらにタッチパネルは指紋による汚れを付きづらくするAFコーティングも採用。安心して長くご使用頂けます。

「タブレット保護カバー(防塵防滴)」をオプションでご用意

別売オプションとして、防塵防滴機能(防塵防滴規格:IP42)を備えたタブレット保護カバーをご用意します。埃や水滴などからPCを守るカバーを装着すれば、外出・出張先など屋内外の様々な場所でご利用いただくことができます。特に本商品のタブレット保護カバーは液晶画面まで丸ごと覆うタイプですので、特に傷つきやすさを気にされることの多いタッチ画面についても保護されます。
さらに、カバーを付けたままでもドック機能付きキーボード(別売オプションでの型番:PC-VP-KB34)を利用可能。デスクに戻ってきた際に、デスク常設のドック機能付きキーボードへPC本体をそのまま接続し、キーボード&マウスを利用したノートPCライクな使い方に切り替えるなどもできます。

品名:タブレット保護カバー(防塵防滴)(タイプVS用)
型番:PC-VP-TS17 製品詳細はこちらをご覧ください。

  • 防塵防滴機能は全ての状況での無故障を保証する物ではありません。本カバーの使用により、本体にまったく傷や汚れがつかないことを保証するものではありません。ドック機能付きキーボード接続時は、防塵防滴とはなりません。

手書き入力ソフト「mazec for Windows日本語版」

添付の手書き入力ソフト「mazec for Windows日本語版」を利用すれば、漢字、ひらがなが入り混じった入力でも自然な文字認識が可能になります。例えば、「会議」、「かいぎ」、「会ぎ」、「かい議」のように書いても、「会議」と入力することができます。

  • 無償利用可能期間は、使用開始後1年間です。引き続きお使いになる場合は、mazec for Windowsの更新手続き(有償)が必要です。

【画像】手書き入力ソフト「mazec for Windows日本語版」イメージ

タッチ操作を補助する便利なソフトウェアを添付

タブレットPCのキーボードレス操作を補完する、便利なソフトウェアを複数添付。「フリック入力補助ツール」はワンタッチでショートカットキー操作が行えます。また、「拡張ディスプレイ操作ツール」では接続した外部ディスプレイの操作をタブレットPCから行うことができます。

【画像】クリック操作イメージ

フリック入力補助ツール

フリック入力補助ツールでは、これまでソフトウェアキーボードでは操作の難しかった、コピーやペースト、ウィンドウの最大/最小化、特定フォルダを開く等の動作を、ワンタッチでショートカットキー操作などが行えます。

  • Windows 10、Windows 8.1でのみ利用可能です。

【画像】フリック入力補助ツールイメージ

拡張ディスプレイ操作ツール

拡張ディスプレイ操作ツールでは、これまで操作の難しかったタブレットPCからのデュアルディスプレイ操作が、まるでノートパソコンのタッチパッドがついているかのように操作できます。

タブレットPC画面に表示されるタッチパッド状のインターフェイスから、二台目ディスプレイ側表示領域のカーソルが操作可能。右クリック、左クリックも画面上のボタンより可能。
マウスやキーボードなどの用意なしでも、卓上でのディスプレイ接続やプレゼン等でのプロジェクタと接続する場合に、ノートパソコンと同じ操作感でデュアルディスプレイ操作が行えます。また、タッチパッド状のインターフェイスの上にファイルをドラッグ&ドロップすることで、簡単に拡張ディスプレイ側にファイルを開く事も可能。プレゼンテーション中のファイル切替なども行えます。

  • Windows 10、Windows 8.1で利用可能です。

無線LAN(IEEE802.11ac)&Bluetooth®に対応

無線LAN(IEEE802.11ac)&Bluetooth®を標準対応。場所を選ばずにネットワーク通信を行えるだけでなく、マウスやキーボードなどのワイヤレス接続も可能です。

【画像】DisplayNote NEC Edition スタートアップ版

また無線LANを利用した会議システムをライセンス標準添付。画面共有や資料への同時書き込みなどのミニ会議が5クライアントまで可能です。詳細は「DisplayNote NEC Edition スタートアップ版」をご覧ください。

  • Windows 10 Homeではご利用いただけません。

さらに、別売のワイヤレスプレゼンツールMultiPresenter® Stickを使えば、デバイスの画面をワイヤレスで映像機器に表示。各自の画面を切り替え表示可能なワイヤレスプレゼンがスムーズに行えます。



このページのトップへ